月刊『YO-RO-ZU よろず』Vol 4. 枡野俊明氏(曹洞宗徳雄山建功寺住職・庭園デザイナー)のインタビュー記事を掲載しています。

最高に贅沢なこと
●曹洞宗徳雄山建功寺住職・庭園デザイナー 枡野俊明(ますの・しゅんみょう)

「孤独」と「孤立」の違いは何なのでしょうか。
不特定多数の人と繋がれるSNSで孤独を紛らわしている人も多くいるのではないでしょうか。
曹洞宗建功寺のご住職であり、庭園デザイナーでもあり、多摩美術大学の教授でもある枡野氏に「孤独の時間」についてお話を伺いました。

…例えば、月を見上げて、「ああ、雲が晴れたら月がこんなにも輝いて出てくる。自分の人生を月にたとえると、どう言えるだろうか」と考える、それが豊かさです。(記事一部抜粋)

●枡野 俊明(ますの・しゅんみょう)
曹洞宗徳雄山建功寺住職・庭園デザイナー・多摩美術大学教授。
著書に『禅が教えてくれる 美しい人をつくる「所作」の基本』『頭が冴える禅的思考』『生きる力が湧き出す禅語』など多数。日本造園学会賞、芸術選奨新人賞、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章などを受賞(章)。